This is our story...

In 2012, a group of teenage DJs — Andrew, futatsuki, Seimei, and his brother, Taimei (Carpainter) — met for the first time in a bar in Tokyo after responding to a Twitter reach out about the launch of a party called U-20 (Under Twenty), lead by an artist named DJ Bank. Since none of them had a following at this point, they ended up playing to an empty room while getting to know each other’s styles.

Andrew was playing Daft Punk style disco house, Seimei was playing Skream, Taimei was playing his early techno productions, and futatsuki was playing Skrillex and Nero. This somewhat random meetup lead to the longstanding friendship of each of the artists who played that day, and later, their founding of a label called TREKKIE TRAX.

The crew initially looked to a Japanese net label and event series called Maltine as inspiration for their own imprint, and since then have become leaders in the global club scene which aims to bridge the gaps between the dance music cultures of the U.S., U.K., Korea, China and beyond.

Check our interview, in which the members of TREKKIE TRAX collectively respond to each question, below, along with the crew’s NEST HQ Guest Mix:

2012年、秋葉原の小さなバーで、Andrew、Futatsuki、Seimei、そして彼の弟Taimei (Carpainter)ら十代のDJたちは、DJ BankがTwitter上でDJを募集していた、U-20というパーティーで出会った。彼らはまだ駆け出しDJであったため、お客が誰もいない中でDJをしていたが、その中でお互いの音楽的な嗜好を理解し合っていった。

Andrewはダフトパンクスタイルのディスコハウスを、SeimeiはSkreamを、Taimeiは自身の作ったテクノを、そしてFutatsukiはSkrillexやNeroといったダブステップをプレイしていた。このある意味ランダムな出会いが、後に永きにわたる友人関係を形成することとなり、そしてTREKKIE TRAXという名前のレーベルを立ち上げるに至った。

彼らは、日本を代表するネットレーベルであるMaltineレコードに影響を受け、国内のネットレーベルシーンを重きに置いて活動していたが、最終的に、アメリカやイギリス、韓国や中国など異なるダンスミュージック文化を越えるような、グローバルに活動するレーベルにまで成長したのであった。

以下は彼ら、TREKKIE TRAXのメンバーに行ったインタビューである。

Tell us everything you can remember about the first time you met at the U-20 party.

Andrew → A weird guy looks like Moai.
bank → A guy bringing McDonalds fries to the meeting.
Carpainter → Seimei’s little brother and tall.
futatsuki → Seems like a clever guy but too shy.
Seimei → A very cocky young man.

U20で初めてそれぞれが会った時の印象を教えてください。

andrew→ モアイ像に似た変なヤツ
bank→ 打ち合わせでマクドナルドのポテトを持ってくるヤツ
Carpainter→ Seimeiの弟、身長高け~!
futatsuki→ 器用な人っぽいけどコミュ症なヤツ
Seimei→ なんか凄いドヤ顔でクラブで踊ってて調子乗ってるヤツ

10440989_627953414000328_8750039548646018003_n

What do you think are some of the most important moments in Trekkie Trax history?

When we first decided to name the label TREKKIE TRAX. (The name was almost originally “bank Records” lol). Also, we’ve been hosting our label party, and when we do some projects with cool people who actually came to the show. So, having those parties are some of the most important moments for us.

トレッキートラックスの歴史において一番大事だと思った事を教えてください。

U-20というパーティーがきっかけでTREKKIE TRAXが発足出来た事だと思うし、今思えばこんなイケてる名前をつけた瞬間かな。(本当ならbankレコードって名前になるはずだったからね。)
あとは僕達はずっとパーティーを続けているんだけど、そのパーティーで知り合った人と何かプロジェクトを始める時、地道にパーティーをやっていて良かったとよく思うよ。
つまり毎回のパーティーってこと!

How would you describe the TREKKIE TRAX family?

It is like a boy’s school. We have two girls but most of the crew is boys.Everyone has different characters and skills, so we share the roles and that helps organize TREKKIE TRAX easily.

トレッキーファミリーをどう説明しますか?

簡単に言えば男子校っぽい雰囲気。女の子のメンバーも2人だけいるけど、基本は男ばっかりだからね。
だけどそれぞれが個性豊かで、スキルもあるから上手く役割を分担できているし、だからこそ円滑にレーベル運営をすることができていると思っているよ。

TREKKIE TRAX CREW4

[From left to right: DJ Bank, Andrew, Taimei aka Carpainter, Haloid (the crews VJ), and futatsuki]

What is one of your favorite memories from working with TREKKIE TRAX?

When Seimei moved to San Francisco from Tokyo in the end of 2013, Seimei & Taimei was the most popular act in TREKKIE TRAX. Taimei started producing as Carpainter around that time and we only had a few artists. So, we were concerned about losing momentum as TREKKIE TRAX and needed to have a serious discussion about how we would move forward. From that discussion, we were able to manage TREKKIE TRAX even better than before Seimei had left Tokyo. Since then, he’s contacted so many international DJs, artists and labels, and we were finally recognized in the world club scene.

トレッキートラックスを運営するにあたって、一番思い入れのある出来事を教えてください。

Seimeiが2013年末に渡米することになったんだけど、当時TREKKIE TRAXの中だとSeimei & Taimeiがとても人気で、彼らがトップアーティストだったんだ。当時はCarpainterもまだ全然プロジェクトを始めたばかりだったし、所属しているアーティストもほとんど居なかった。
だからSeimeiがアメリカに行くことで、これまでの勢いが落ちてしまうんじゃないのかって心配したんだよね。なのでその時に皆TREKKIE TRAXについてどう思っているか真剣にディスカッションしたんだ。これからどうしていくかってね。
そのディスカッションで色々意見を交換できたからこそ勢いが落ちることなくレーベル運営をすすめる事ができたし、逆にSeimeiがアメリカに行った事で、一気に色んな世界中のアーティストとコミュニケーションをとったり、サポートを受けたりすることが出来るようになったんだ。

Tell us about Maltine.

Before we started TREKKIE TRAX in 2012, we went to a lot of Maltine parties. We adored them because they were the best internet label ever. But now, we’re talking with them about how we can do cool things together. That’s why we had San Francisco-based artist, Grimecraft’s Japan tour together. Also, Carpainter and Masayoshi Iimori have released productions through Maltine since we started talking. We totally respect them, and we hope that we will do something creative together again.

マルチネレコードとの関係について教えてください。

TREKKIE TRAXを発足する際、マルチネレコードは既に日本のトップレーベルだったし、僕達はもちろんマルチネにあこがれていたんだ、当時は普通に彼らのパーティーに遊びに行ってたりしたしね。
だけど今ではこれからどうやって一緒に協力して世界に進出出来るか話あったり、だからこの前にGrimecraftの来日の時みたく一緒にパーティーをやったりしているんだ。
あとはCarpainterやMasayosi Iimoriはマルチネからリリースがあるし、もちろん僕達はリスペクトしているから今後も色々な事を一緒に出来ると嬉しいね。

12036859_948775295201700_8337058948477516163_n

[Pictured above: Seimei]

Tell us about the different roles within TREKKIE TRAX.

Everyone is at least a DJ or VJ. As for the releases on TREKKIE TRAX, Andrew, futatstsuki, and Seimei usually manage them. Most of the artists we release were brought to us by Seimei, but we sometimes accept demos too. After we complete the plan for a new release, futatsuki sets its releasing schedule. Also, futatsuki does our artwork and website design, and organizes and promotes TREKKIE TRAX’s parties too.

トレッキートラックスでの役割について教えてください。

全員がDJかVJで有ることを前提に、運営時の役割を説明するよ。
まずレーベルの中核であるリリースに関しては、andrew・futatsuki・Seimeiの3人で進めているんだ。
リリースするアーティストはだいたいSeimeiが引っ張って来ることも多いけど、最近はデモとかも採用したりしているよ。
大枠がまとまったらあとはfutatsukiがスケジュールを組んで、ビジネス的な目線で一度整理し直す。あとは彼がアートワーク、WEB制作それとパーティーのオーガナイズなどほとんど行っているんだ。
音源の制作が一段落すると、andrewが国内のプロモーション、Seimeiが海外のプロモーションを行うんだ。Seimeiがアメリカに行ってからは、もっぱら海外の案件はだいたいSeimeiにまかせているよ。
Carpainterはたまにアドバイスをくれるけど、基本曲作りに専念。bankはマスコットキャラクターかな(笑)彼は現場で人気者なんだ。

What does a TREKKIE TRAX party look and sound like?

We are a label but we really love to party! Sounds fun, right!? Our first party was at a small bar where only ten people showed up. But now we have our label parties about once every three months, and usually over 200 people come to see us.
Initially we had a lot of guest DJs but now we’re able to do showcases with just the artists who have released on TREKKIE TRAX.

トレッキートラックスのパーティーについて教えてください。

まず僕達はパーティーが大好きなんだ。レーベルなのにパーティーしまくる、面白いだろ?!
最初にパーティーを始めたのは小さなバー。お客さんはたしか10人ぐらいだったかな…だけど今では200人ぐらいのパーティーを3ヶ月に一度ぐらい行っているよ。
レーベルを始めた頃は仲のいい若手のアーティストなどを沢山呼んだりして、東京のシーンを作っていったよ。
東京のユースシーンがある程度成熟したので、今は基本的にはレーベルのアーティストだけでショーケースをやっているんだ。
パーティーに合わせて今はリリースを組むぐらい、パーティーは本当に重要なものになっているんだ。
パーティー自体はとても熱狂的なクラウドが多くて、この前のCola Splashの初公演の時なんかは30分間ずっと人が叫びっぱなしで、柵が壊れるほど熱狂したよ。
日本に来た時は是非僕達のパーティーに遊びに来て欲しいね!

1457470_407047952757543_1274335977_n-1

Tell us about your monthly show on Block.fm [think Radio 1 for Japan].

When we were kids, we the music of Taku Takahashi (aka m-flo, the founder of Block.fm). We were really stoked when Taku dropped our release demos in his show, and we were like, “We did it!!” when we were asked to start our own radio program, “REWIND!!!” on Block.fm. To be honest, we were feeling some pressure at the time because Seimei had left for America, but Carpainter and Andrew have been hosting the show really well. Also, since we’ve been running the show, we’re getting more demos than ever before. It is really cool that we can promote our releases and parties on the show.

ブロックfmで初めて番組をやったときの気持ちについて教えてください。

小さいころから主宰のTakuさんの曲は聴いていたし、送ったデモをがプレイされただけでもはじめは大騒ぎだったんだけど、当時ディレクターのヒロキさんに急に番組やらないかと言われたときは、いよいよはじまる…って感じだった。
それとラジオというメディアを持つ事でデモもより多く来るようになったし、リリースやパーティーの特番も組めるし、なにより今TREKKIE TRAXがなにをやっているかをわかりやすく(特に日本国内に向けて)提示、説明できるようになったなと思う。
そのためにもこれからも続けていきたいね。

10400857_510142042448133_2715790703659032640_n

Is everyone in TREKKIE close? Was there ever any drama?

We always have the artists who release on TREKKIE TRAX perform at our label showcase, and we meet them on a regular basis and talk about what we should do next. To discuss and share management policies, we use LINE (a popular instant messaging service in Japan), and have a group chat which contains about 30 people including the release artists. Our relationship is pretty casual. We are always on the streets of Tokyo together. Sometimes we fight and it reminds us of our school days, but, for the most part, it’s just like having a great time with homies and it’s really fun. We were best friends before the label even existed.

トレッキートラックスのメンバーはトレッキーそのものとの距離は近いですか?
とても近いと思う。

運営している僕達以外にも、リリースしたアーティストは絶対パーティーに呼ぶし、定期的に次のリリースについて話し合うよ。
あと日本はLINEというチャットサービスが人気で、それのTREKKIE TRAXのグルーブでリリースアーティストを含めた30人ぐらいで毎日ディスカッションを行っているから、レーベルの動きや方針は凄く皆に共有出来ていると思うよ。
オフの日なんかも適当に集まってご飯を食べたりするし、本当にレーベルというかストリートのクルーって感じかな。
最近は人数も増えてきて、喧嘩もするし、学校みたいだなと思うときもあるけどそれもまた楽しいね!

Check the TREKKIE TRAX crew’s guest mix for NEST HQ below:

Follow TREKKIE TRAX:
SoundCloud
Facebook
Twitter

NEST HQ Guest Mix: TREKKIE TRAX Tracklist
Cola Splash – Pizza Ending [TREKKIE TRAX]
PARKGOLF – GAL
Nina Las Vegas – Contagious (ft. Snappy Jit)
G Jones – Broken Glowsticks
Bruno Uesugi – Get Low
Masayoshi Iimori – Break It & Look At Me Now ft. Lil Wayne, Busta Rhymes (Seimei’s Mashup) [TREKKIE TRAX]
Remo-Con – Don’t Believe Da Hype(Masayoshi Iimori Remix)
Lolica Tonica – Make me Feel (K Bow Remix) [TREKKIE TRAX]
K BoW x VDIDVS – B Who I Want 2 B
PARKGOLF – LOG IN (Lolica Tonica Remix)
Carpainter x Maxo – Amazing!!! (4×4 edit) [TREKKIE TRAX]
tofubeats – I Believe in You
KAN TAKAHIKO – NRG [TREKKIE TRAX]
KAN TAKAHIKO – NRG(Masayoshi Iimori Remix) [TREKKIE TRAX]
KID FRESINO – Special Radio Featuring IO
Hoodboi – Palm Reader (feat. Lido)
Submerse – Touch Me (All Night Long)
Carpainter – From Your Eyes
Ginuwine – Pony
Rustie – Brony
Conrank – Croak & Dagger ft. Chace [TREKKIE TRAX]
Big Dope P – Still Hood
Masayoshi Iimori – Whirlwind [FORTHCOMING ON NEST HQ/TREKKIE TRAX]
Shawn Wasabi + YDG – Burnt Rice (feat. YUNG GEMMY)
DJ Paypal – Slim Trak
in the blue shirts – Emerald Light (Carpainter 160 soca remix)
KAN TAKAHIKO – Pop-up [FORTHCOMING ON TREKKIE TRAX]
Zekk – THE FUTURE IS HERE [TREKKIE TRAX]
Cola Splash – Curry Drinker (Djemba Djemba Remix) [TREKKIE TRAX]
Cola Splash – Curry Drinker [TREKKIE TRAX]
Amps – Change of Footwork Life

Comments